トラブル解決の手段

売掛金回収トラブルの解決方法は、その状況、段階に応じた方法で行うことが大切です。その手順を誤ることで、双方の感情的な問題や売掛金が回収しにくい状態が発生することもあります。そのため、慎重に状況を見極めて、それに合った方法を正しく実行することが必要です。解決方法の知識や進め方などのノウハウがない場合には、弁護士などに相談して、より安全に確実に売掛金を回収できる方法を検討します。

売掛金回収の手順としては、最初は相手との直接の話し合いによって和解を目指すこととなります。ただし、この場合にはお互いに譲り合うことができなかったり、話し合いが上手く進められないと関係が悪化する恐れがあります。関係の悪化を避けるためには、弁護士に間に立ってもらい、冷静な第三者として、また法律のプロとしての立場から話を進めてもらうことが必要かもしれません。話し合いができない状態が判明したら、訴訟などの方法も検討を始めます。訴訟を行う場合には必要な書類の準備や調査も必要となります。

交渉や訴訟で双方の関係がこじれることもありますが、話し合いを飛ばして突然訴訟を行うなど、順序を違えて行動を起こすことで関係が悪化することもあります。トラブル解決ではそれぞれの方法を正しく行うだけでなく、流れに沿った正しい手順で進めていくことも大切です。

売掛金トラブルの例

売掛金トラブルは、取引相手が何らかの理由で支払いを行うことが出来なくなることで起こります。売掛金が回収できなければ、自社の経営にダメージが与えられますが、取引相手の方も支払いが出来ない経営状態となっていることが多く、話し合いでの交渉が難しいこともあります。

売掛金回収トラブルの例としては、相手の経営状態が悪化、または破綻してしまい、支払いが滞ることや、一時的に契約で定められた支払い方法が不可能となることなどがあります。経営状態の悪化による売掛金回収トラブルの場合には、取引先の資産、財産も不十分となっていたり、自社以外にも売掛金回収トラブルが発生しており、回収が難しくなることがあります。また、一時的な支払いの停滞では、その後の経営の持ち直しによって回収を再スタートできる可能性があります。ただし、持ち直しや回収の再スタートは確実ではないため、現時点で契約の見直しや期限などの再設定をすることが必要です。

この他にも、取引相手との関係が悪くなることや取引相手からの不満などで支払いが停滞することがあります。いずれの場合にも客観的な事実の確認と取引先との交渉の可能性の模索などが必要です。それが不可能な場合には訴訟などの手続へと発展していきます。

売掛金と契約内容

売掛金は、掛け取引で発生した未収の売上金のことと指します。掛け取引は現代の日本の企業で頻繁に行われている取引方法であり、これを全く行わずに商売の手を広げたり安定的に経営を続けるのは難しいかも知れません。そのため、売掛金出の取引を利用することになりますが、その際には契約を交わすことで掛け売りからその代金の回収までの流れを双方で合意し、合意した内容を文書で残しておくことが必要です。

売掛金の支払いは、売り上げの月の1ヶ月後、2ヶ月後、というように後払いになります。いつ支払うか、どのような方法で支払うか、なども契約の段階できちんと決定しておきます。売掛金の支払いには、現金や小切手などもありますが、約束手形や売掛金と買掛金の相殺などの方法も使われています。現金や小切手以外の支払い方法には新たなトラブルの火種が隠れていることもあるため、注意が必要です。

また、掛けでの取引を行う場合には、取引相手の信用が重要になります。後払いでの取引となるため、取引先に支払い能力があるかどうかを予め調査しておくことも大切です。支払い能力がない相手との取引を行うことで、支払いの停滞などの売掛金トラブルが発生しやすくなります。

売掛金トラブルの解決

売掛金トラブルの解決には段階的な手段が必要となります。売掛金回収は、取引先との関係を壊したり、これまでの信頼関係を失って今後の取引ができなくなるリスクを持っています。そのため、売掛金回収で何らかの問題が起こった場合には、慎重に解決を目指していくことが大切です。売掛金を回収することも大切ですが、その手段は自社にも取引相手にも納得できるものでなければいけません。

ただし、売掛金回収は相手の気持ちだけを考えて解決できるものばかりではありません。実際には取引先の経営が悪化していたり、すでに支払いの意思もなくなっているような場合には、法的な手続きで売掛金を回収することも必要となります。訴訟などで売掛金の回収を進める場合には、取引相手と争うことになり、双方の関係は感情的にも壊れてしまうことが多くなるでしょう。どのタイミングで訴訟を行うべきか、どうすれば訴訟を免れることができるかを考えることも大切となります。

売掛金回収トラブルでは、こうした取引相手との関係の維持と回収の効率などのバランスを考えて行うことが必要です。そのタイミングややり方などを間違えるとより大きなリスクやトラブルを生み出す恐れもあるため、売掛金トラブルは非常に慎重に手段を選ばなければいけません。当サイトではこうした繊細な対応が必要となる売掛金トラブルの解決手順と方法を紹介します。困難が付きまとうようなトラブルの際には、プロに相談したり依頼することも必要となります。